アコライムとは

アコライムとは

  • 10日間で実感!

    思いのままに美をコントロール…
    アコライムは、夢のような”10日間”で今までにない感動美肌を実感頂けるスキンケア用品です。
    何となく作用したではなく、歓喜させるほど作用するスキンケア用品。
    10日程度で透明感を実感し、3か月程でシミ、くすみへ働きかけます。
    まずは試しにとご購入頂いたお客様の多くが、その良さを10日間の間に実感しリピートして愛用頂いております。

  • オーガニックを追求した安全性

    アコライム全品のベースは通常の化粧品とは異なり指定農園に採取されたセンチフォリアバラ花水(野生種)です。
    キャルキャス山の麓(標高2,500m以上)の農園で大切に栽培されているバラの花を日の出とともに採取をはじめ、その日のうちに蒸留釜で蒸留した貴重な天然成分です。

    さらに、日本国内にて厚生労働省の残留農薬・添加物等検査をクリアすることはもちろん、清涼飲料水成分規格をもクリアしています。(肌への作用として、リラックス効果と保湿、殺菌作用が期待できます)

    <野生種のバラがもつ有効性>
    深海の水、還元水素水、クラスター水などスキンケアアイテムのベースを1年に渡り、徹底検証いたしました。
    結果、多くの研究結果がある(ホルモンへの働き、整肌作用、ブドウ球菌、連鎖球菌、ジフテリア菌などへの殺菌作用)を有する野生種のバラ水を採用しました。

  • 圧倒的な有効成分濃度

    アコライムの製品は、植物から有効成分を抽出する際の純水以外は、ほとんどが有効成分です。
    この含有量は、圧倒的で他の追従を許しません。

    <90%~95%>
    一般的な化粧品メーカーでは、ポリソルベート等も有効成分として換算しております。
    アコライムでは、有効成分としてこれらを換算しておりません。
    仮に一般的な換算方法で算出した場合の濃度は、98~100%の濃度となります。

  • 国内初の植物幹細胞8種配合

    植物幹細胞を8種配合。植物の有効成分を科学し植物の幹細胞を培養・処方することが大変注目されています。
    (腐らないリンゴの細胞エキス等)

    アコライムにはリンゴ培養細胞から得られたエキスだけではなく合計8種(クィーンフィトセル、不死の花、サポナリアプミラ細胞の幹細胞を含む)の植物細胞を安定処方し美容業界でもっとも重要視されている幹細胞を守り育てることによる総合エイジングケアを目指しています。

    さらにELP.Laboとの研究を推し進め、化粧品原料(INCI登録)を目指しています。
    細胞を培養できる技術力。その技術力こそACCLAIMの品質を牽引しています。

  • 世界特許を有する製薬会社のナノ技術を使用

    ナノ技術を追求。
    浸透性※が非常に高く、肌馴染みに非常に優れています。
    また、ダウンタイムが非常に短いです。
    ※角質層

  • ホワイトニングシステム

    ハーブ療法を徹底的に科学し処方テストを繰り返すことで、ハーブ成分の複合処方(コンプレックス処方)における肌への効果を徹底的に検証いたしました。
    また"キネシン"※へのアプローチに有効といわれる有効成分の選定を実施しています。
    ※メラノサイトの核の側で産生されるメラニン色素は微小管を通り細胞壁まで運搬され、表皮細胞へと送り届けられます。
    運搬にはキネシン(細胞質中に含まれるモータータンパク質の一種)が関与しています。

お問合わせフォームはこちら